精子バンク 精子提供ボランティア

精子提供ボランティア 【中部】(長野・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県) 主にシリンジ法での精子提供 私は20代前半の個人精子提供者です。 子供を授かりたい女性へ精子を無償で提供します。

タイミング法に対する考え

 

 

 

 


一般的には


精子提供をしているかたがするのはシリンジ法というのが圧倒的でしょう。

しかし、希望者の中にはシリンジ方法に抵抗を抱くかたもなかにはいるかと思います。

そのためタイミング方法が行われる場合があります。
タイミング法は、

その人に提供したい、またその人から提供してほしいと思って精子提供をしているならアリだと思います。という意見が多い気がしています。

私もそうだと思います。

結局は合うか合わないかだけだと思います。

提供をするうえで女性の立場で後悔のないようにしたいという考えがまずあります。

妊娠率がシリンジよりも高いからこの方法を選ぶという理由以外に聞いたことはないです。私は子供が欲しいという一心で、盲目になってはいないかと考えると

どちらがいいのかはっきりしません。しかし、

本心としてはその人からタイミング法での提供を受けたいと思えないのになぜ

その人の遺伝子を引き継ぎ子供を産みたいと思えるのか?と疑問を抱きます。

そのためシリンジ方法で提供をすることも好きになれません。

ただ、シリンジ方法だからといって、女性の立場によって大きく異なることを把握しているので、このデメリットが際立って目立つこともないです。

だからシリンジ方法で行うようにしています。

その解決が意外にも早く訪れてしまっているだけです。

本来ならタイミング法をご夫婦で行うことがベストな形にはなりますが。

事情は様々であり、だからこそお問い合わせも数奇ですがあるというわけです。

 

 

私は一番は子供の立場から見て、「ほかの子供たちと全く同じように、同じ方法で産まれてきたんだよ。」と母親から自信をもって言われることがたとえば「人工授精のために精子をもらっただけで相手のことは知らない。」と言われるより何よりためになると思っています。

 

どこかが違うと思ったら、自分だけ違ったらそれが一番辛い

そういう時期があるのが子供で、それを乗り越えるためにほかの子と何も変わらないんだよと伝えることは必要なことなんじゃないかなって思っているだけです。

うまく話せる自信、そういった事情、立場の中にある方なら問題ないと思います、そういった場合があればいいんですが。