読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精子提供・名古屋精子バンクボランティア

【中部】(長野・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県)での精子提供ボランティア 主にシリンジ法での精子提供 私は20代前半の個人精子ドナーです。 子供を授かりたい独身女性や婚姻関係のある性同一カップル、または結婚していない同性愛カップル、事医療機関から精子提供を受けることができない方へ精子を無償で提供します。

何故、タイミング法を受け入れるか。


たどり着く場所は変わりません。

「方法」として
そこに道があるだけだと思います。努力すれば早くたどり着くことができ、その分精神的には楽でしょう。
しかし、もちろんタイミング法はシリンジ方法よりも「体」も「時間」も使います。
「心」のほうがよっぽど負担になるのでないのでしょうか。と
長期的には思っています。「体」は休めば回復しますが、5か月も連続して成功しなかったら、やはりショックが大きくなってくるのではないでしょうか。

その時、「体」は楽じゃないかもしれませんが

長期的にわたって、メンタルのほうがよっぽど重要なのではないでしょうか?

それが心のケアにつながるということであったならば、快く受け入れたいのです。
大体の目安としては20代であればタイミング法で3か月~5か月以内
シリンジ方法で5か月~6か月かかる道のりになることが平均的なラインなので。

この差は大きいでしょう。

今すぐにできることであればメンタルへの負担は無くなると思いますが

それが平気という方は居ないんじゃないかなと思いました。

、これがある以上、
私は女性には特に「心」に気を配りたいです。

なので、できれば相手の望みをそのまま受け入れたいので、

この考えがある以上、シリンジ方法だから楽ではないなぁ・・・メンタルに来るなぁって思っているので相手も同じなら、その気持ちがある以上タイミング法を導入致します。。。

 

 妊娠を望まれる方であれば、

全ての人にこの「不安」はあると思います。