精子バンク 精子提供ボランティア

精子提供ボランティア 【中部】(長野・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県) 主にシリンジ法での精子提供 私は20代前半の個人精子提供者です。 子供を授かりたい独身女性や婚姻関係のある性同一カップル、または結婚していない同性愛カップル、事医療機関から精子提供を受けることができない方へ精子を無償で提供します。

提供でお願いしていること

 

 

提供方法

基本的にシリンジ方法です。

場所

名古屋市内にて待ち合せをします。集合場所は、希望に沿います。

面談
希望される方には提供前の面談を実施します。

料金
交通費のみ1000円(名古屋の場合)頂戴します。

自宅周辺付近までお越しいただいた場合、料金は要りません。

空いている時間帯

一週間のうち、平日5日間は早朝と夜、土日2日間は完全に自由な時間帯です。

 早朝に提供できますが、できるだけ当方の近くまで来ていただくことになります。

提供を受ける条件について

年齢制限

原則として39歳までとさせていただきます。

 

 

「重要」

パートナーなど他に予定がある方は、「恋愛」感情なしで提供致します。

「説明」

お金の請求として、交通費のみなのは、領収書で相手も確認できるからです。
容器、シリンジ、排卵検査薬は買い溜めしてあり、1個当たりの値段が付けずらいので、必要に応じて無料でお渡しします。

 

 

 

 

「長文 重要」

  時間と費用対効果でコストを考え、シリンジ法がベストですが、状況に応じて

タイミング法、人口受精、体外受精も致します。

 

お金はこちらで負担しているんだから・・・って思われるのではないでしょうか。

そういった場合にこちらで提供するという形にはならないでしょう。

ならばはじめからシリンジ法で提供しています。と伝えたほうが良い。

(人工授精、体外受精はコストを考え、メリットがなくそこにお金を払うつもりはない。)女性をみてシリンジ法をセルフで扱うのが難しいだろうなと判断しない限り。

その方法があることはネットでわかりますので、私はこう考えてますと伝えるほうが重要ですよね。

 こちらでの対応の仕方がはっきりしているなら

↑の基本的にというのはこういった理由で、原則は例外として体外受精では40歳代でも可能性が残されているという意味。