精子バンク 精子提供ボランティア

精子提供ボランティア 【中部】(長野・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県) 主にシリンジ法での精子提供 私は20代前半の個人精子提供者です。 子供を授かりたい女性へ精子を無償で提供します。

これまでの記事のまとめ

お問い合わせを頂く場合はこちらからどうぞよろしくお願いいたします。

 

お問い合わせフォームはこちらから

私のプロフィールです。精子提供者プロフィール

検査結果の場合はこちらをご覧ください。

精子結果

またはこちらでご覧ください。

私の性病結果

私が提供に際して取り決めている事柄はこちらになります。

提供でお願いしていること

 

ほかにも精子提供にはどういった提供方法があるのかを挙げた記事

精子提供方法には大きく4通りに分かれます。

提供費用

私が選んだ排卵検査薬とその理由について

排卵検査薬も1個100円でお買い得。

 

 

 受精卵から始まり妊娠するために必要なステップをまとめた記事

 

排卵から出産まで

 

があります。

 

さらに気になる方は

精子提供を利用するメリット

 

についてもご覧になれます。

 

またメールでのご連絡をお待ちしております。

メールでのお問い合わせフォーム

タイミング法に対する考え

 

 

 

 


一般的には


精子提供をしているかたがするのはシリンジ法というのが圧倒的でしょう。

しかし、希望者の中にはシリンジ方法に抵抗を抱くかたもなかにはいるかと思います。

そのためタイミング方法が行われる場合があります。
タイミング法は、

その人に提供したい、またその人から提供してほしいと思って精子提供をしているならアリだと思います。という意見が多い気がしています。

私もそうだと思います。

結局は合うか合わないかだけだと思います。

提供をするうえで女性の立場で後悔のないようにしたいという考えがまずあります。

妊娠率がシリンジよりも高いからこの方法を選ぶという理由以外に聞いたことはないです。私は子供が欲しいという一心で、盲目になってはいないかと考えると

どちらがいいのかはっきりしません。しかし、

本心としてはその人からタイミング法での提供を受けたいと思えないのになぜ

その人の遺伝子を引き継ぎ子供を産みたいと思えるのか?と疑問を抱きます。

そのためシリンジ方法で提供をすることも好きになれません。

ただ、シリンジ方法だからといって、女性の立場によって大きく異なることを把握しているので、このデメリットが際立って目立つこともないです。

だからシリンジ方法で行うようにしています。

その解決が意外にも早く訪れてしまっているだけです。

本来ならタイミング法をご夫婦で行うことがベストな形にはなりますが。

事情は様々であり、だからこそお問い合わせも数奇ですがあるというわけです。

 

 

私は一番は子供の立場から見て、「ほかの子供たちと全く同じように、同じ方法で産まれてきたんだよ。」と母親から自信をもって言われることがたとえば「人工授精のために精子をもらっただけで相手のことは知らない。」と言われるより何よりためになると思っています。

 

どこかが違うと思ったら、自分だけ違ったらそれが一番辛い

そういう時期があるのが子供で、それを乗り越えるためにほかの子と何も変わらないんだよと伝えることは必要なことなんじゃないかなって思っているだけです。

うまく話せる自信、そういった事情、立場の中にある方なら問題ないと思います、そういった場合があればいいんですが。

 

子供と遊び!ボランティアに参加しました。

 

小学生は今ipadを持っているみたいです。

私が接したグループは5人いたのですが、なんと3人が同じようなipad mini らしきものを所有していました。2人は持っておらず、代わりに手裏剣みたいなコロコロ回して遊べるものを持っていました。

私たちとは違い連絡するために持っている感じではなく遊ぶために持っている感じで、

だったら手持ちサイズより持ち運べて画面がでかいほうがいいのかなと見てて思いました。

そのグループの小学生の子は中学生になったらもう大人かな?って会話をしてて

私も考えたのですが、ふと

そういうのを使いこなせるようになっててもうすでにずいぶん大人だなと私は感じました。

逆に外で遊ぶ機会が減ってしまって、その二人からは本当はもっと遊びたいという印象を受けました。

 その会話をしていたのはその二人なので、もしかしたら周りの友達が、ずいぶんと大人びてしまっているとかんじているのかもしれません。

 

activo.jp

精子提供を利用するメリット

 

精子提供を利用するメリットについてを

病院を通じた精子提供との違いで述べたいと思います。

まず、

 精子提供はどちらも匿名で行われます。

 しかし、
病院を通じた精子提供では

父親について さらに
その容姿を知ることも一度会うことも女性が望む望まないにしろ
与えられることができていないです。

病院を通じた精子提供とは違い、
私たち個人ボランティア提供者はいつだって面談等ができます。

また出自を知る権利についても、その望みに応えることが可能です。

私はこれらのサポートをボランティアでできたらと思いました。

それが私の精子提供の初心であります。

 

子供の立場で考えたときに良さそうな方へ提供するようにしています。

 いまはシングルの方を支える精子提供者を目指しています。

少なくとも、ご夫婦でなら病院を利用することはできるからです。

シングルの方は本当に海外まで行かないと精子すら求めることができません。

日本の社会がシングルの方に冷たいという現状がなければ考えも変わるかもしれませんが、考えとしてもシングルの方に精子提供をするべきだという発想を抱いてしまいます。

 

 

メールでのお問い合わせフォーム

1.お名前(仮名で結構です。):
2.年齢:歳
3.ご住所(都道府県、市区町村まで):
4.ご職業:
5.年収: 万円
6.貯蓄額・負債額:  万円  万円
7.提供を希望する理由:
8.提供方法:
9,シングルマザー希望ですか?:
10.面談希望日時・場所:
11.提供希望日時・場所:
12.提供期間の希望:
13.病気の有無:
 お問い合わせを一度したからといって、必ずしも精子提供を受けなければならないというわけではありません。悩まれてるならぜひ一度、お問い合わせをしてもらえたらと思います。
 
 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 精子バンク・精子提供へ

提供でお願いしていること

 

 

精子提供の基本的な方法は主に

シリンジ方法です。

タイミング法は

時間にゆとりがある場合のみ対応可能です。

場所

名古屋駅にて待ち合せをします。

面談
個人的には文章だけではお互いのことがわからないので、希望します。
料金
交通費のみ1000円(名古屋の場合)頂戴します。

 

 

提供となった際に今後必要となる

日程調整について

基本は周期当たり1回の提供が今のところ圧倒的です。

そのため女性の方に排卵日の特定をお願いしていることが多いです。

 ですが、場所については

提供となった際はこちらが希望される場所まで向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

今日は精子結果を頂きました。総量 精子濃度 運動率です。

精子濃度 1億 6千万/mlです。

これは人工授精で精子提供したときにもらった紙をアップしたものです。

検査を自分で受けるよりはいいと思い、掛った費用2000円分をお渡し、代わりに

この紙を頂くことができました。

 手書きだったのが驚いていたのですがそれが普通なのかなと思って特に気にしていなかったのですが、

また再度精子状態のわかる紙か何かをもらえたりしたら記事に乗せようと思います。

 

 

 

f:id:seishiteikyou:20170225141540j:plain